読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIPILOG|忙しいあなたのためのリラックスマガジン【チピログ】

東京の中心から情報をお届け!お得な情報や日常の出来事について本音で語る雑記ブログです。じっくりと読んで行って下さい。

バターコーヒーダイエットの効果

スポンサーリンク

 

f:id:chippyofficial:20161002225442j:image

 

 

2016年9月25日に放送されたイッテQは、イッテQ登山部のアイガー登頂スペシャルでした。

 

毎年この企画は壮大でとても感動します。

 

それはさておき、VTRの中で、登山家の貫田宗男さんが、

朝食代わりににバターコーヒーを飲んで1か月で5~6kg痩せたとおっしゃっていました。

アメリカセレブの間でも話題になっていますね。

 

目次

バターコーヒーの効果

紹介されていたようなヨーロッパの良質なバターや、ココナッツオイルには不飽和脂肪酸が多く含まれています。このような不飽和脂肪酸には、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用があるといわれています。また、バターコーヒーは糖質を含まないので、血糖値の上昇を防ぐことができます。

 

1.用意するもの

1)グラスフェッドバター 10g

グラスフェッドバターとは、牧草のみを食べて育った牛のミルクから作られる無塩バターです。

貫田さん曰く、バターコーヒーダイエットに用いるバターはグラスフェッドバターじゃないとだめなんだとか。

 

 

 

2)コーヒー

コーヒーは、ドリップでもインスタントでもなんでも大丈夫です。

 

3)ブレンダー 

バターコーヒーはただバターをかじってコーヒーを飲むだけではダメ!

バターを入れてちゃんとコーヒーをブレンダーで攪拌することがポイントです。

 

4)お好みに合わせてココナッツオイル

 

 

ミランダ・カーさんは、ココナッツオイルをスプーンでそのまま飲んでいるんだとか!

ココナッツオイルはとても甘いいい香りがして、フレンチトースト等のお料理に使ってもいいですし、肌に塗ったりしてもいいので、私も常備しています。

認知症の予防などにも効果があります。

 

2.バターコーヒーの作り方 

コーヒーを入れた後に、コーヒー1杯に対して10gのグラスフェッドバターと適量のココナッツオイルを混ぜてブレンダーで攪拌するだけです。

 

 

以前主治医が見つかる診療所という番組で、糖質制限vsカロリー制限という特集をやっていたのですが、そのときも、カロリー制限を提唱する医師が、朝ごはん代わりにコーヒーに黒砂糖を入れて飲んでいたのを思い出しました。

 

朝にコーヒー1杯に脂質を混ぜるか、糖質を混ぜるかという点では違いますが、

朝食にコーヒーを置き換えるという点では同じですね。

 

 

 

過去のダイエット関連記事

chippyofficial.hatenablog.com