CHIPILOG|忙しいあなたのためのリラックスマガジン【チピログ】

東京の中心から情報をお届け!お得な情報や日常の出来事について本音で語る雑記ブログです。じっくりと読んで行って下さい。

本気ベジタリアンのオーストラリア人友達と食事に行った結果

スポンサーリンク

f:id:chippyofficial:20171030160756j:image

最近はいろんな理由でベジタリアンになる方が増えていますよね。痩せたいからとか、健康に良さそうだからとか、宗教的な理由とかさまざまな理由があります。ベジタリアンと一口に言っても、いろんな種類のベジタリアンがあります。

 

彼はベジタリアンの中のヴィーガンだった!ヴィーガンの食事

学生の頃にオーストラリア人の友達と夜ご飯を食べる機会があったのですが、彼はこの中のヴィーガンさんだったのです。肉魚だけではなく、卵やチーズなどの動物製品も食べない!!!という超絶なベジタリアンだったのです。

 

タンパク質は、完全に豆からしか摂取できないそうです。大豆ミートを買って料理しているらしいです。ちなみに、ちぴお編集長は、超絶なる雑食です。好き嫌いも一切ありません。しかもどっちかというと肉食です。タンパク質不足にならないように、食事には必ず肉か魚が入っているように心がけているくらい笑。そんな私とヴィーガンさんが食事に行くとこうなりました。。。

 

入れるお店がない!!!

f:id:chippyofficial:20171030160842j:image

まず、厳格なヴィーガンさんが入れるのはベジタリアン専用のレストランくらいです。このときは、新宿でベジタリアン御用達のお店を探しました。しかし、予約もとっていなかったので、そんな希少なお店にいきなり入れず、結局、お値段が高めのベジタリアン料理があるお店に入りました。

 

そこのお店はベジタリアン向けだけではなく、肉魚料理も出していました。私は鮭の切り身がおしゃれに盛ってある料理をチョイスしました。鮭の切り身は、普通のお店で食べたら数百円くらいのレベルのお料理だと思うのですが、そのレストランでは2000円とられました。しかもライスとかついてなかったから全然おなかいっぱいになりませんでした。さらに、彼のせいでこんな高い鮭を食わなきゃいけなくなったのに割り勘でした。イライラがたまっていきました笑。

 

動物成分が入っているものすらNG!

そして、全然おなかがいっぱいにならなかったので、モスバーガーならベジタブルバーガーがあるよ!と言って、モスバーガーに入ろうとしました。そしたら、彼は、これって肉のエキスとか入ってないかなと言って、店員さんに原材料表を出させました。

 

もちろん、いくらベジタブルバーガーとは言っても、味付けにアミノ酸系の豚肉エキスだのは入っています。彼はそれも食べられないというのです。ついでにいうと、スーパーの調味料ですら、動物エキスが入っているものは完全にNGです。

 

食べるのは、ベジタリアン専用の材料で自分で作った料理だけです。おなかもすいたし、だんだんイライラが収まらなくなって、「ケバブ食べたい~」と肉料理中の肉料理を言ってしまいました。そこでも、彼は「大豆ミートでケバブができるんだよ」と言っていましたが笑。

 

ベジタリアンは痩せるのか?

f:id:chippyofficial:20171030160859j:image

彼にベジタリアンになる前と後とで体型変わった?痩せた?と聞いてみました。すると、彼はベジタリアンになる前から痩せていたし体型は変わっていないといっていました。

 

彼がベジタリアンになった理由は意外なものだった

彼がベジタリアンになった理由は驚くべきものでした。彼は本国オーストラリアで幼少期にいじめにあっていたそうです。本当に大変だったなと思います。そして、彼はそのいじめにあってつらい気持ちを動物にぶつけてしまっていたそうです。

 

自分がいじめられるから自分は動物をいじめてやれと、はけ口にしてしまったそうです。具体的にどんなことをしたのか聞いても、とてもひどいことだと言って教えてくれませんでした。そして、いじめを切り抜け、我に返った彼は、自分は動物たちになんてひどいことをしてしまったのだと激しく後悔したのです。

 

そして、動物たちに償っていこうと決心しました。それがヴィーガンになるという形になったわけです。

 

まとめ

彼もわけあってヴィーガンになったわけですが、私は動物性のタンパク質を取らないと気分が沈んだり、仕事に集中できなくなったりいろいろと支障がでます。ベジタリアンをやるのは個人の自由だけど、友達と外食をするときは割と気を使ってほしいな、と思いました。

 

自分がベジタリアンであることをちゃんと説明し、どこまでのベジタリアンなのかもわかってもらった上で、お店は高くならないように配慮して自分で提案して予約まで済ませておくとか、自分のせいで高くなるなら会計をちょっとは負担するとか。

 

ベジタリアン徹底するならそこもちゃんと考えてほしいですね。日本は海外ほどベジタリアンが浸透していないので、専用の食材を買うにも高いし、専門レストランもまだ少ないです。なので、海外のベジタリアンの方は、日本にくるときに、下準備をしないと食べるものがなくて体調を崩したりすると思うんです。日本でも安価にベジタリアンできるようになると良いですね。