CHIPILOG|忙しいあなたのためのリラックスマガジン【チピログ】

東京の中心から情報をお届け!お得な情報や日常の出来事について本音で語る雑記ブログです。じっくりと読んで行って下さい。

ネットオークションで20万円以上を稼いでみてわかったこと

スポンサーリンク

今回は、私がどのようにしてネットオークションで20万円以上稼いだのかという方法と、実際に稼いでみてわかったことをまとめました。

 

オークションは意外なものが意外と売れる

 

私は楽天オークション1本でやっていました。

今は、楽天オークションは楽天フリマに変わってしまいました。

 

当時、楽天オークションは、会員費用がかからず、わずかな手数料がかかるだけでした。そのため、売り上げた利益はほとんど自分に入ってきました。

 

ヤフオクは、楽天オークションよりやっている人の人数が多いし、規模が大きいのでヤフオクの方が売れやすいのはわかっていましたが、

 

しかし、ヤフオクは月額の会員費用がかかるため、せっかく売り上げても費用に使ってしまってはもったいないと思い楽天オークションにしました。

 

私がオークションに出品したのは、家にあるものだけです。

 

せどりなどはしませんでした。

 

家にある使ってないものがお金になるっていうのがいいですよね。

 f:id:chippyofficial:20170401103537j:image

 

家にある使っていないものを探して出品しまくりました。ぬいぐるみや参考書、楽器、洋服など、多岐にわたって出品しました。

 

楽天オークションは、ヤフオクに対して規模が小さいので、最初はそんなに売れないだろうなと思っていました。

 

しかし、実際はこんなもの売れるのというものまで売れました。

 

(なぜ無くなってしまったんだ楽オク!!)

 

値段の上昇率が高かったのは、中島みゆきのCDセットでした。

 

日本のどこかでは誰かがそれをいらないと思い、誰かはほしいと思っているんですね。

 

 オークションでは20万円以上の利益を出しました。

 

しかし、同時にあることに気が付きました。

 

オークションで稼ぐは労働の切り売りに近い

f:id:chippyofficial:20170401103548j:image

オークションは確かに頑張れば稼げます。しかし、拘束時間が半端じゃないです。

 

まず、商品を出品する。きれいに写真を撮って、説明文を書く。いろんな設定をする。

 

商品について質問がきたら答える。

 

商品が落札されたら、落札者の方とやり取りして、梱包して住所のラベルを貼って発送する。

 

この作業が、例えば、単価の高い楽器が落札された場合は時間効率がまあまあ良いですが、100円で出品したぬいぐるみや単行本がたった1つ売れただけでも同じ作業を要します。

 

100円は、会社に入れば残業代なら3~5分で発生します。しかし、オークションの作業はそれ以上に時間がかかります。

 

結局、労働の対価として見合わないお給料をもらっているような状況になってしまうのです。

 

オークションでお金持ちになって自由の身になるのは無理だなと悟りました。

 

私はオークションまたはフリマをこれからもやっていくと思いますが、

 

それは、家にあるいらないものを捨てるのはもったいないからです。

 

家にある不用品がなくなってもわざわざ仕入れて転売して利益を出すようなことはしません。

 

お金を稼いで自由の身になるには労働時間を切り売りして稼ぐ思考をやめなければいけませんね。

 

最初に集中して作業したら、ある程度ほっておいてもお金が入ってくる仕組みを作るのがお金持ちの発想です。

 

私は、長い間、労働時間に対して対価がもらえるという考えに縛られていました。

 

お金持ちになるためには、まずその発想を捨てるところからスタートするのがネットビジネスをやるうえで必要なことでしょう。

 

労働の切り売りという考え方、今すぐやめましょうね!人生損ですよ!